Make your own free website on Tripod.com

L'Arc〜en〜Ciel「ark」&「ray」CDレビュー

etc.

アルバムを買うということはアーティストの持っている世界を受け入れようと
するからである。受け入れたいと望んでいるからである。
それには、聴く側にもそれなりの理解力がなければならないと思う。
マスコミにまどわされず、自分で確かめる必要があるのだと思う。

そして、私は L'Arc〜en〜Ciel が今回のアルバムで何を伝えたかったのか
考えてみた。
なぜ、2枚組ではなく、2枚同時リリースだったのか。
メンバーの話では、全曲聴いてもらいたかったから。つまり、2枚組だとどう
しても表と裏がでてくる。それをきらったのかもしれない。
しかし、私はこのアルバムが「ark」と「ray」と名づけられたところに意味があ
ると思った。「ark」という「箱船」にのって「ray」という「光」を目指そうという意
味としてとらえた。
これは本当に個人的な意見ですが、arkというアルバムはポップ性が強く、
どちらかというと、幅広い Audience 向けのアルバムだと思う。
そして、rayの方はラルクが追求していくべき方向性を含んだアルバムといえ
るのではないか。
つまり、arkを聴いたAudienceを、rayというラルクの目指すロックの世界へ導
きたいと思うメンバーの気持ちがこめられた今回の2枚同時リリースだったの
ではないか・・・

最後にもう一つ付け加えたいことがある。これだけの音楽的にあらゆる要素
を取り入れていながら、鮮やかにさえ思えるくらいポップにまとめあげられる
のは L'Arc〜en〜Ciel が L'Arc〜en〜Ciel であるがゆえ、成し遂げれるも
のだということ。



ark ray etc.

Menu