Make your own free website on Tripod.com

L'Arc〜en〜Ciel「ark」&「ray」CDレビュー

ark


1.forbidden lover
この forbidden lover とは「禁じられた恋人」という意味である。まるで凍てつく冬の海を思わせるような冷たい雰囲気がただよう。
2.HEAVEN’S DRIVE
シングルとしてリリースされた時は「これがラルク!?」と思ったほど、ラルクっぽくない曲ではないだろうか。以前よりコーラスにも力が入ったという意味では、新しいラルクの第一歩?
3.Driver’s High
うわぁ〜。なんか聴いているこっちが恥ずかしくなるくらいアイドル路線的な曲だ・・・。彼らを支えている若い女性ファンに送られたような・・・そんな曲。(笑) ベースの tetsu が作曲。なっとく!
4.Cradle
「ゆりかご」という曲だけあって、ゆっくりとしたスイング感がある。 hyde のボーカルもまるで子守り歌のように聞こえる。
5.DIVE TO BLUE
これもやはり tetsu の作曲だけあって、若い女性ファンが喜びそうなメロディだ。と、言っている私も、もちろん嫌いではないのだが。(笑) 今、気付いたが歌詞もおもいっきり青クサイ。hyde は曲によって髪型を変えるわ、歌い方も変えるわ、歌詞まで変えるあたり・・・カメレオンなのか!?
6.Larva
「昆虫の幼虫」だって。いやぁ、英語のボキャブラリーが広がるよね、ホントに。ドラムの yukihiroによるインストゥルメンタルオンリーの曲。はっきり言って、このアルバムの中で一番すごいと思った。思いっきりダンスリズムなのもおどろかされた!しかし、ラルクならではのダークな感じが出ていると思う。
7.Butterfly’s Sleep
これはギターの ken が作曲。6からノンストップでこの曲に続く。 hyde のボーカルがよりダークさを増している感じだ。ちょっとやり過ぎなくらい・・・
8.Perfect Blue
でたぁ、てっちゃんの作詞、作曲!! ハワイアンだよ、これ。(笑)
9.真実と幻想と
やっぱりダークな曲は ken だな。「真実と幻想と この目に映る全てを/血が枯れ果てるまで歌おう」 これがラルクの目指すところなのかもしれない。
10.What is love
あの名曲”flower”を思い出させるような、優しいんだけど、どこか切ない感じのする曲。ラルクの曲の中でこんな感じのする曲が私は一番心にグッとくる。
11.Pieces
この曲は、ファン一人一人にささげられたんではないでしょうか?私にはそう思えてならない。hyde のボーカルが他の曲にもまして、しっかり歌い上げてるような気がする。



ark ray etc

Menu