Make your own free website on Tripod.com

7.イギリスの田舎(コッツウォルズ)



H10.10.6(火)


カースルクームはコッツウォルズ地方の中でも最も古い町並みを残し続け
ていると言われている。30分くらいもあればすべて見てまわれるくらいの
本当に小さな村です。

今日と明日はここのB&Bに泊まってコッツウォルズの村めぐりをすること
にしました。
「B&B」とは「Bed&Breakfast」の略。つまり、「ベッドと朝食」を提供して
くれる宿泊施設。まぁ、日本でいう「民宿」や「ペンション」みたいなところ。
これもまたイギリス名物でいたるところにありますから、日本から予約しな
くてもその場の交渉でなんとか泊まれるんです。

村の何でも屋みたいなところで、さっそく交渉。一日目と二日目の泊まると
ころがちがうけどなんとか宿を確保できました。
よかった、レンタカーで寝るハメにならなくて。。。A^^;

宿を確保するとするとさっそくコッツウォルズの村めぐりに出かけることにした。

田舎路を車でいく旅はそれは気持ちのいいものでした。
ライムグリーンの丘、赤い土、深緑の森。
ちょうど麦の収穫時期で北海道の風景にとてもよく似ていた。ちがうのは
北海道のようにだだっ広い大地ではなく、起伏が激しくて丘がいくつもかさ
なりあっている感じ。その間の道路もその丘にあわせて、まるでジェットコ
ースターのレールようにまがりくねったり、上り坂、下り坂がつづいている。
とてもエキサイティングなドライブでした♪

いろいろな村をおとずれて見てまわったけど、それぞれがちがった雰囲気を
持っていて、私たちを楽しませてくれた。
ある村は黄色っぽいレンガなのに、またある村は茶色っぽいレンガだったり。
川が流れていてそこにカモや白鳥が優雅に泳いでいたり、ますの養殖をして
自分たちの食料にしていたり。
大きな教会があったり、小さな教会があったり。
村を見てまわりながら、こんな小さで村でちゃんと生活しているんだから、
すごいなぁ〜と思いました。





MOKUJI NEXT MENU TOP