Make your own free website on Tripod.com

☆★☆クラシックを知るのはお得?☆★☆


ワテが知る人ぞ知るインチキ関西人どす。
なんや、最近わての真似してはる人が多くて困っとりますぅ。
ワテが元祖。となりのおっちゃんと一緒にせんとってな!(笑)

で、こんなワテが音楽ちゅーもんを語ること自体、おかしいねんけど、
ままぁ、そこは、あんたの心の広さってもんを見せてほしいわ。

第1回は、あえて、あんたらがあんまり聴かないクラシックについて
話すわ。あ、ちょっとそこのあんた!ブタさん押そうとしてはるやろっ!!
ここに来たからには最後まで話聞いて、その上で「また来てやる」
もしくは「2度と来るか!」を判断しておくれやす。
それが、礼儀ってもんやろっ。

んでは、本題にいきまひょ。
クラシックってやつは、好きな輩はやたら好き!でも、聴かない輩は
まったく聴かない。
ワテも高校時代までは、ラジオから流れてくるだけで不快やった!
その頃、ワテは今でゆー、80’s(えいてぃーず)って洋楽にハマっ
てたんや。
「80'sってナンヤ?」そんな質問せんでええっ!話、脱線するやろっ。
おとーちゃんか、おかーちゃんに聞き。

でもな、このクラシック知ると本当にお得。それは、「あんこが食べられる」
くらいにお得やったんやぁ〜!!!「あんこ」が食べれると、ちょっとした
お土産とかにもらった最中(もなか)が食べられる。お友達の家に行って
出されたお茶菓子が食べられる。
お葬式まんじゅうだって食べれる。
・・・さいごのはショーダンやけどな。(笑)
とにかく、「あんこ」ってワテら日本じゃ何かと生活に密着していて、いろぉ〜
んな場で食べる機会があるやろ?
だから、「あんこが食べれる」ってことはとてもお得なことなんや。

クラシックもおんなじ。
いろんな場で聴く機会があるやろ?
ちょっと高級なレストラン。(あんま、行かんけどな。)ホテルのロビー。
テレビのCMやドラマの1シーンとか、ホントにちょっとした所で耳にする。
そういった場に出くわした時に、クラシック知らん輩は
「また、クラシックかよぉ〜!ウザイぜっ」って思うやろうけど、知ってる輩は
「おぉ〜、これはベートーベンの○○番じゃないか♪」・・・うっとり。ってなるんや。
だから、クラシック嫌いなやつ、好きになれとは言わん!
「聴けるようにしておくとお得や」っちゅー話をしてるねん。

それは、そうと関西弁用の変換機能はないんやろか・・・しんどいわ。
とりあえず、今日(6月26日)仕入れたばっかの、クラシックMIDI聴いて
もらいますわ。
製作者はぽんたんさん。MIDI使わせてもらいます♪

作曲者ヴェルディは歌劇の曲を中心に作曲してきた人でおます。
その中でもとりわけ、この「椿姫」という歌劇は世界中のオペラファンに愛され
続けているんや。
映画、プリティーウーマンにも使われた名曲。この曲に・・・乾杯!

BGM:ヴェルディ作曲「乾杯」〜オペラ「椿姫」より〜