Make your own free website on Tripod.com

JUDY AND MARY〜Best Album〜「FRESH」CDレビュー Vol.1


1.POWER OF LOVE
この曲から始まったんだな、彼らは。それぞれ異なったインディーズ・バンドで活動していたベースの恩田快人、ドラムの五十嵐公太、ギターのTAKUYAの繰り出す新しいサウンドとともに見事にマッチしたYUKIのボーカルがJUDY AND MARYをつくったのだ。パンキッシュなポップメロディーにのるYUKIの歌詞は”挑戦的”、歌い方はどことなく”挑発的”。
2.BLUE TEARS
「この曲のメロディーがJUDY AND MARYを作ろうと思ったきっかけ」という恩田。あまりにも重い言葉である。今聴いてもぜんぜん古臭さを感じないのは、そういうわけなのだろう。昔の忘れられない恋を歌っているのに暗くなりすぎないサウンドとYUKIのボーカルには脱帽!でも、キュンとくるこの胸のいたみ・・・
3.DAYDREAM
この曲で注目すべきは、やはりTAKUYAのギターソロ。”売れなくてはならないバンド”でこの先、続けられるのか・・・メンバーの追いつめられた気持ちが一つになって、まるで泣き叫んでいるように聞こえる。
4.Hello!Orange Sunshine
メンバーの恩田いわく、「チープさとパンクさとポジティブさをかねそろえ、なおかつ”ねじれた感じ”が出したい」と思って作られた曲。・・・ヒットしないはずないじゃん!(笑)これ以前のシングル曲にはなかった遊び心満点のナンバーだ!誰もが首を横にふらずにいられない(笑)
5.RADIO
曲の導入部の「きゅ〜〜〜〜〜んっ♪」はライブでは絶対に一緒に言いたいフレーズ。今度は首の横振りにくわえ、体の縦振りもどうぞっ!・・え、ふざけるな?いやいや、筋金入りのふざけたバンドなんですから、彼らは。とことんこわれなくてどうする!?
6.小さな頃から
私はとあるCD屋にいた。友達と一緒だった。どこからともなく流れてきたこの曲。どうやってこの曲がJUDY AND MARYの曲ということをつきとめたか、それは忘れた。ただ覚えてるのはその曲が入っているJUDY AND MARYの2ndアルバムをしっかりにぎりしめた私に、「そんなCD買うの?」と笑った友達の顔だけ・・・
7.自転車
スピード感あふれる前奏が心地よく鳴り響き、AメロからTAKUYAのギターがこきざみジャカジャカでリズムをつくる。ブリッジでは恩ちゃんのベースが底から押し上げ、きわめつけ五十嵐公太のドラムが爆発するとともにYUKIのハイトーン・ボーカルでサビはまさに噴火の溶岩のように流れ出す。こんなパワフルな曲が「自転車」。ジュディマリ、さすがだと言わざるをえない。ウ〜、ウ〜、ウ〜♪のコーラスもやっぱりジュディマリ。
8.Over Drive
文句なし!ジュディマリファンも、そうでない人も、JUDY AND MARYと言えばこの曲だ。普段は音楽聴くことの方が、歌うことより好きな私だが、この曲はカラオケで他の人に歌われると内心ムッとしてしまう。「歌詞なんか見て歌うなよ、私はソラで歌えるぞ!」なんて心の中で思いつつ、マイクなしでも声をはりあげて歌っちゃう♪(ちょっとまちがえちゃうけど・・・)ハァ〜〜〜、ヤーーっ!!!余談ですが、この曲のブレイクで「私のジュディマリ」から「みんなのジュディマリ」になっちゃったという、リスナーのひとりよがりなさみしさから少しジュディマリ離れをしてしまった私。

* vol.1 * vol.2 *
* Menu *